晩夏から秋に訪れる場合

見どころ沢山!北海道旅行についてあれこれ


北海道旅行というと、おいしい食べ物や雄大な自然、観光に最適な過ごしやすい気候などなど魅力はたくさんあると思います。なんといっても食に関しては、海鮮やお肉、和洋のスイーツなど名物がありすぎて絞り切れないほどです。また、北海道は広い分、1度ではすべてめぐり切れないため、今度はどこに行こう、などと何度も楽しめるのが魅力です。さらに温泉地が全国で1番多いのも北海道です。大まかに分けて北海道は4つに分けられますが、その4つすべてに魅力的な温泉地があるのも温泉好きにはたまらないと思います。夏は気温が上がっても湿度があまり高くないため、カラッとしていますし、冬には雪を使った北国ならではのイベントもあり、季節を楽しむという意味でも北海道観光はおススメです。

晩夏から秋にかけての北海道旅行の魅力とは!


その中でも、晩夏から秋という少し涼しくなってくる時期にかけての北海道旅行の見どころを紹介します。北海道の夏は短く、8月後半になってくると気温などの面からもう秋の訪れが感じられるようになります。そのため本州などは残暑が続いている中、避暑に最も最適な時期でもあります。またこの時期は新米や農産物の収穫シーズンでもあり、ウニやカニなどの漁が最も盛んな時期でもあります。そのため1年の中でも北海道の味覚が1番楽しめる時期であるともいえます。更に冬が来るのも早いため屋外のイベントはこの時期がピークであったり、この時期までしか出来ないアクティビティなども多く、旅行の選択肢がとても多く、北海道観光を満喫出来る時期でもあります。

札幌ラーメン、クラーク像、テレビ塔、がっかり名所、時計台などなど…大自然に囲まれ、魅力的な数々の観光地を見ることができる、札幌旅行です