冬に訪れる場合

12月に行けばホワイトクリスマスを楽しめる


昔からクリスマスに関するドラマ・映画・絵本には雪がつきものとなっています。しかし、日本の大半の地域の12月の気候は雪が降るほど気温は低くなく、クリスマスの時期に確実に雪が降る・または降らなくても道路や雪が積もる地域はほとんどありません。そんな中、北海道は10月下旬あたりから気温によっては雪が降り始めるようになり、11月に入ると雪の日が増えて12月ともなると街にかなり雪が積もるようになります。もし旅行当日に運悪く雪が降らなかったとしても、街に雪が積もっている可能性は高いため、昔からホワイトクリスマスに憧れてきたような場合は12月に行くのがおすすめです。なお、大都市の札幌や夜景で有名な函館はイルミネーションにも力が入っていて、12月に行けばクリスマスイルミネーションも楽しめます。

1月・2月に行く場合は極寒・豪雪体験が出来る


北海道の雪の量は、12月の段階ではそんなにすごい量ではありませんが、年が明けて1月・2月ともなると気温はさらに下がり、雪の量も増えていきます。そのため、例えば、九州南部や沖縄など南国に住んでいて極寒体験や豪雪体験に昔から強い憧れをもってきたようなかたの場合は、12月に行くよりも1月・2月の極寒期に旅行に行くほうがおすすめです。中でも、真冬に行くならば雪見風呂を楽しめるような温泉宿に泊まるのが最高といえるでしょう。ただし、1月・2月に北海道に旅行に行く際は、雪や吹雪にて飛行機、新幹線、地上を走る鉄道が運休になる恐れがあります。そのため、移動時間はかかるとしても運休の可能性が低い交通機関を利用して北海道まで行く形を推奨します。

小樽旅行は、海の幸が楽しめるレストランや運河、水族館など魅力が多く、北海道の中でも国内外の観光客に人気があります。